FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと無双シリーズについて考える

先週、8月14日に発売されたゼルダ無双。
正直やってもないし、買ってもいない、今後買う予定も無い、
wiiU持ってないしね。

あ、任天堂が嫌いとかwiiUがダメって言うわけじゃなくて
自分のしたいゲームがwiiUではでないって言う…
もっと言うと、ちょっとやってみたいけど、買うまでに至らない
ゲームが多いって感じ。

なので今回はゲームの評価云々ではなく何故ゼルダ『無双』なのかを
考えてみるのとコラボの感想をば。

で、ゼルダと無双シリーズのコラボという事で任天堂さんとコーエーテクモさんが
タッグを組んで満を持して登場したのが『ゼルダ無双』

結論から自分の思ってる事を言うと
まさに

『誰得!?』

『誰が出したいって言ったの?』

って事。

ここでゼルダと無双シリーズのコンセプトをみていくと

【ゼルダ】
謎解いて物語を進めていくアクションアドベンチャーというジャンル
アクションRPGとはちょっと違う住み分けをされている?
まぁ詳しくはwiki参照、ググってくれれば直ぐわかる。

【無双シリーズ】
多くの敵をなぎ倒していく爽快感が最大の売りとなってて
アクションではなくタクティカルアクションって言うジャンル。

同じアクションって言うジャンルだけど全く以って似て非なるものを組み合わせた感じ
なんていうかゼルダにワラワラ出てくる敵を倒すって言うイメージが無い。
謎を説いて先に進めのが爽快なだけであって敵を倒す爽快感を
ゼルダで体現してどーすんのって。

って言ってもスーファミは神々のトライフォース、64は時のオカリナ、後はGBの夢を見る島
しかしてないけどこれ以降のゼルダに敵がワラワラと来る要素があってそれを
参考にして無双と掛け合わせたのであれば、見当違いもいいところだけどね。

今のゼルダがもてはやされているのはスーファミや64のゼルダが面白かった過去が
あったからこそじゃないかな?
それ以降のは発売されても世に浸透してない感じだと思う…

にしてもその温度差、海外と日本じゃ何故か

海外:ゼルダ新作が出る→うおぉぉぉぉ!

日本:ゼルダ新作が出る→お、出るんだ。

という感じになる。
発売日初週売り上げの数字からみると6.9万っていう良いのか悪いのか
はっきりしない数字が飛び込んできてレビューをみても賛否両論。
でも「面白い」が目に付くかな?
過去のコラボ無双シリーズをみてもダントツで悪い成績だけども
比較対象がPS3だし相手はガンダム、北斗、ワンピースと強豪揃い。

それでもセルダっていうブランドと無双っていうブランドを足したのに
初週の数字が6.9万っていうのはwiiUってのもあるだろうけど、反応は薄いよね。
まぁまだ最初だしそれだけの材料で判断しちゃいけないが…

っとと、長々と書いたけども内容的には
面白い試みではあるし発想としては良かったけど
コラボはやっぱ合わせてからのイメージって大事なんじゃないかと
思ったな。

あ、調べてて「へー」って思ったのがゼルダのwikiみてて

>主人公のリンクという名前の通り、ハイラル各地に散らばった何かを繋げることは全シリーズ共通するプレイヤーの役割でもある。

これにはちょっと驚いた、リンクって名前に意味あったんだねw
スポンサーサイト
プロフィール

BIGBOSS兼抹茶はXOF所属

Author:BIGBOSS兼抹茶はXOF所属

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。